モバイルバッテリーで使えるミニ四駆の充電器

電源の確保を気にすることなく使えるモバイルバッテリーに対応したミニ四駆にオススメな充電器です。コンパクトなで荷物も減らせるUSB電源で使えて高性能な充電器を紹介します。(22/09更新)

タミヤの公式大会では充電器の持ち込みが禁止されています。ショップや大会での充電器の利用に関しては店舗や大会主催者の確認のものとで行ってください。

USBで使える充電器

 

4本同時に2A充電できるISDT C4 AIR

ISDT C4を充電専用にしたシンプルな充電器で、放電やサイクルはありませんので電池の管理は自宅で別の充電器を使う必要があります。サーキットで充電だけ行うのに最適で小さく持ち運びに便利です。充電の制御が優秀でUSBタイプでは最高に4Aで4本に充電することができます。

液晶などの表示はなく充電中、完了を示すLEDのみで詳細な設定や状態の確認は全てスマホのアプリで行います。このクラスには珍しく電圧カットではなくデルタピークカットで2A充電-△3で4本同時に継ぎ足し充電しても熱くならないのは素晴らしいです。

EBL 8つスロットLCD付きUSB充電器

入力:USB-C 5~12V(QC、PD対応)
充電:0.1~2.0A/4本
デルタピーク-△3~
入力5Vの場合1Aで4本同時に制限されます

Amazonでの購入はコチラ
https://amzn.to/3RJjpDx

 

ハイテック AA/AAA Charger X4 Advanced Mini

人気のX4のハイテックからUSB電源で小型なミニが発売されました。
電池管理に必要な放電やサイクル機能も付いているのでこれ1台で家での電池管理から店舗でのモバイルバッテリーでの利用までこなせます。

どうしても電池の隙間は狭いためサイクルなど行うときはファンで風を当てるなど電池の発熱に注意するとよいかもしれません。(発熱は大きいX4でもありますが..)

ハイテック AA/AAA Charger X4 Advanced Mini

入力電源:USB 5V 2.1A
動作モード:充電、放電、サイクルリフレッシュ、電池内部抵抗計測
充電電流:200mA / 500mA / 700mA / 1000mA / 1500mA(同時2本まで)
放電電流:100mA / 250mA / 350mA / 500mA / 650mA

Amazonでの購入はこちら
https://amzn.to/2QHIS29

 

ISDT C4 EVO急速充電器

人気のISDT C4の後継機で電源が12VからUSB PDに変更になっています。不評だったタッチスイッチもボタアン式になり押し間違いも無くなりました。

電池のブレークインから日常の管理、レースでの使用までマルチにこなすことができますが多少熱を持つのが気になります。

ISDT_C4_EVO

入力電源:DC5~12V、QC2.0/3.0とPD最大36W
出力:0.1A~1.5A
放電電流:0.1A~1.0A
最大出力で動作させるにはUSB PDで36W以上が必要となります。

Amazonでの購入はコチラ
https://amzn.to/3Iip12Z

 

DLYFULL UT4 USBマルチ充電器

リフレッシュモードが付いていて電池に優しい管理が行える充電器です。

4本同時に1Aでの充電可能で、電池の発熱もなく電池を傷めること無く充電が行なえます。また放電機能(350mAh)もありこれ一台で電池管理からコースでの充電まで行うことができます。スマホのモバイルバッテリーで利用できます。

DLYFULL_UT4

入力電源:DC 5V / 2A(USB Type-C)
出力:4本同時に最大1A
放電電流:350mAh
放電に少し時間が掛かりますが走らせる前日にリフレッシュするような運用をすれば問題はないと思います。

Amazonでの購入はコチラ
https://amzn.to/32JfzmU

楽天での購入はコチラ
https://item.rakuten.co.jp/ecojiji/ut4/

 

モバイルバッテリー

親子で沢山走らせるなら大容量の2ポートタイプ
選ぶポイントは、両ポートが同時に20W以上の出力が可能なこと。(合計で40W以上)

バッテリー容量:10000mA
USB-C入力:5V⎓2.4A / 9V⎓2A / 12V⎓1.5A(18W Max)
USB-C1出力:5V⎓2.4A / 9V⎓2.22A / 12V⎓1.68A(20W Max)
USB-C2出力:5V⎓2.4A / 9V⎓2.22A / 12V⎓1.68A(20W Max)
合計最大出:20W+20W(Total40W)
寸法:9.8 x 5 x 2.5 cm
重量:約 210 g

2台同時に20WX2合計40Wのハイパワー小型軽量で日本メーカーなのも魅力です。

 

今の充電器がそのまま使えるポータブル電源

ミニ四駆で使う充電器の多くが12VかUSBの電源を必要としますが、性能と値段のバランスが取れた製品が少なく、私しも安い中華で何度か失敗しました。
そんな中でもポート数も多くピットで見かけることが増えたのがこのポータブル電源です。キャンプや防災にも役立つ大容量が魅力です。

もっと手軽にスマホのモバイルバッテリーで使うなら
>>12Vの充電器をモバイルバッテリーで使う方法

 

suaoki ポータブル電源 S270

>suaoki ポータブル電源 S270

ミニ四駆のピットでよく見かけるsuaokiポータブル電源です。しばらくAmazonから消えていたのですがたまに復活するようです。
容量:150Wh(3.7V 40500mAh/11.1V 13500mAh)
AC 出力(2 口):110V/60Hz、定格100W(最大150W)、修正弦波
DC出力(4 口):定格12V/120W(9~12V 最大15A/180W)
USB出力(3 口):5V/最大2.1A 急速充電規格QC3.0出力(1 口):​最大18W
家庭コンセント入力(ACアダプタ付き)
寸法:18.45×10.95×11.85cm(横×縦×幅)、重量:1.3kg

 

Anker PowerHouse 100

Anker PowerHouse 100

スマホ用モバイルバッテリーでお馴染みのアンカーです。薄型でコンパクトなのに27,000mAh / 97.2Whと余裕の大容量。100VのACコンセント、PD対応 45W 入出力/PowerIQ 3.0 (Gen2)搭載を備えています。

最大100W出力のACポート
最大出力45WのUSB-Cポートおよび合計最大出力15Wの2つのUSB-Aポートを搭載
容量:27,000mAh / 97.2Wh

購入はコチラ
https://amzn.to/3GbOhac

 

3レーンの大会やお店の常設コースでは充電器の利用が認められていることが多いのですが、コンセントが不足することもあるためモバイルバッテリーで使える充電器があると重宝します。

量販店や商業施設の場合はコンセントの利用ができずモバイルバッテリーを使用する場合に限り充電が認められることもあります。
コンセントの確保を気にするよりも常にバッテリーで充電器する人も増えてきているようです。
ミニ四駆に適した充電器の多くが12Vで動作するため、ノートPC用のバッテリーや車のエンジンが掛けられるジャンプスターターを利用することが多いのですが、重く大きな物がほとんどで安価な製品ではトラブルもよく耳にします。(私も既に2台壊れました)

スマホを充電するモバイルバッテリーは、圧倒的に数が売れていますので、低価格で高性能、大容量の製品が多いのですが、USB5Vが主流のため使える充電器が限られていました。しかし最近になり高性能なUSB充電器が増えてきており、現地での継ぎ足し充電なら問題なく使えるリーズナブルな製品が発売されています。荷物を減らしたい方にもモバイルバッテリー+USBの充電器はオススメですよ。

>>初心者が初めて買うならこちらの充電器がオススメ

 

 

ABC HOBBY USB デルタピーク エキスパートチャージャー 1A

USB電源で使える本格的な充電器として使われてきましたが、同時に2本までのためこれから購入するのであればISDT A4やX4 Advanced Miniのように同時に4本の充電器が良いかもしれません。

ABC HOBBY USB デルタピーク エキスパートチャージャー 1A

 

スポンサードリンク