PD対応のモバイルバッテリーで12Vの充電器を使うには

アイフォンの高速充電やノートPCに対応したPDのモバイルバッテリーが充実してきましたが、せっかく12Vの出力ができるのに使わないのはもったいないのでミニ四駆で使われるDC12Vの充電器をつなげてみました。

ミニ四駆で使われる充電器の多くがDC12Vを電源としているのですが、DC12Vが使える大容量で高出力の携帯バッテリーを探すとあまり無いことに気付きます。車のバッテリーあがりに対応できるジャンプスターターが使われた時期もあったのですが、故障が多かったりショートした場合の危険性などから減った印象です。ノートパソコン用などで12Vが使えるバッテリーもあったのですが、最近のノートやタブレットがUSB Type-CのPDに移行したため少なくなったようです。2021/06

 

PDから12Vが取り出せるトリガーケーブル

PDは5V、9V、12V、15V、20Vなど接続された機器に合わせて自動的に出力される電圧が変わりますが、残念ながら12Vの充電器を接続しても認識できないので動作しません。 ですが、ケーブルで12Vのデバイスが接続されていると騙すことで使用可能となります

USB PD トリガーケーブル PDC003シリーズ 12V

USB PD トリガーケーブル PDC003シリーズ 12V

https://eleshop.jp/shop/g/gL25123(12V)

https://eleshop.jp/shop/g/gL25124/(15V)

Amazonでの購入はこちら
https://amzn.to/39s2Mta

USB PD対応のモバイルバッテリーから、12Vを取り出すことが可能な電源ケーブルです。 バッテリー側が12Vの出力に対応していることを確認してください。Ankerなど12Vに対応していないPDの場合、リアクターなど入力電圧の範囲が広い充電器を使うのであれば15Vのトリガーケーブルを使うことで対応できます。eMarkerとなっているものは5Aまで対応、記載ないものは3Aまでとなるようです。

 

ミニ四駆で使う12V充電器に必要なアンペア

あとは使いたい充電器の定格を調べて必要な出力以上のPDバッテリーを見つければOKです。

4本同時充電でも小型のものなら12V1.5A程度、フルスペックのX4などで12V2.5A程度、2本充電ならリアクターなど小型のラジコン用充電器で追い充電も12V2.5Aで問題ないようです。iCharger X6はさらに省エネです。

ISDT C4でネオチャンプ4本を2A充電なら12V1.5Aでも使えていますが、定格は12V2.5Aと表記されているので電池の状態によってはキツイのかもしれません。充電器やバッテリーの組み合わせなどでも違う可能性はありますので自己責任で判断していただきたいのですが参考にスペックを載せておきます。

ISDT C4 Smart Charger

入力電力:DC12V-2.5A

 

NT1000 急速充電器 Ni-Cd/Ni-MH

チャージ最大1.0A×4本
入力電力:DC12V-1.5A

 

エナジャイザー

チャージ2.5A×4本
入力電力:DC12V-1.3A

 

サンダーなどATLANTIS AL106B+互換機

入力電圧:DC10V-18V
ラジコン用の高機能充電器ならPDの15Vでも使えます

 

ミニ四駆の充電器に良さそうなPDモバイルバッテリー

PD対応のモバイルバッテリーも手頃な製品が増えてきましたが無名で安価なものは18W(12V1.5A)が多いようです。これでスペック的には小型の充電器なら使えますが、ハイパワーの製品も大分手頃になってきたので予算的に許すのであれば余裕あるものが良いかもしれません。アンカーなどPDで12V未対応の製品もあるので、購入する際はスペックを必ず確認してください。

AUKEY Basix Mini PB-N83S h 20W

バッテリー容量:10000mA
USB-C出力:(PD3.0)5V 2.4A / 9V 2.22A / 12V 1.67A ; 最大20W
USB-A出力:(QC3.0)5V 2.4A / 9V 2A / 12V 1.5A; 最大18W
合計最大出:22.5W
寸法:27.0 x 57.7 x 80.5mm
重量:約 174g

2台同時は少しキツそうですが小さくて軽量なのが魅力です。


楽天での購入はこちら
https://item.rakuten.co.jp/aukey/pb-n83s/

 

cheero Power Plus 5 15000mAh with Power Delivery 45W

バッテリー容量:15000mAh/3.63V(54.45Wh)
USB-Cポート出力(PD対応):5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/2.25A (45W max)
USB-Aポート出力:5V/2.4A max. (Auto-IC機能搭載)
合計最大出力:最大57W (USB-Cポート PD 45W+USB-Aポート 5V/2.4A)
重量:約310g

12Vの充電器とUSB機器を2台同時にフルパワーでは使うことができ、軽量で容量にも余裕があります。リアクターとX4 Miniの同時運用など可能。

 

RAVPower モバイルバッテリー 20100mAh / 45W / PD 2ポート USB-C RP-PB201

バッテリー容量:20000mAh / 72.6Wh
USB-C出力:PD3.0 5V/3A, 9V/3A, 12V/3A, 15V/3A, 20V/2.25A, 最大45W
USB-A出力:5V/2.4A , 最大12W
最大出力:45W (USB-Cポート単独使用時の出力)
最大同時出力:30W [USB-Cポート] + 12W [USB-Aポート] (USB-Aポート及びUSB-Cポートから同時に出力する場合、安全性のためにUSB-Cポートからの出力は30Wに制限されます)
重量:約 371.7 g

X4などの12Vの充電器とX4miniなどUSB用の充電器が2台同時に使えるハイパワーでも軽量なのが魅力です。


楽天での購入はこちら
https://item.rakuten.co.jp/sunvalleybrandsjapan/rp-pb201/

 

Anker PowerCore III 19200 45W

バッテリー容量:19200mAh
USB-Cポート1出力(PD対応):5V=3A, 9V=3A, 15V=3A, 20V=2.25A (45W max)
USB-Aポート1/2出力:5V=3A (各ポート最大2.4A)
合計最大出力:60W
重量:約422g

15Vのハイスペック充電器を1台とUSB機器の合計3台を同時に使うことができる大容量モデルです。USB充電器とのFANなど余裕のスペック。
※PDトリガーケーブルは15V用をお使いください。

 

ミニ四駆にも使えるPDのスマホ充電器

PD対応のスマホやノートPCが増えたため小型大容量でポート数も多いのに手軽な価格の充電器が色々と発売されています。いま使っているスマホの充電器でも12Vの出力があり18W以上あれば使える可能性が高いですが、USBファンなども使える余裕のある充電器を紹介しておきます。

RAVPower PD 充電器 TypeC急速充電器 65W高出力

GaN(窒化ガリウム)採用/4ポート搭載(USB-C×2 USB-A×2)
USB-C出力:PD3.05V 3A, 9V 3A, 12V 3A, 15V 3A, 20V 3.25A, 65W (それぞれ最大)
USB-A出力:5V 3A, 9V 2A, 12V 1.5A, 18W (それぞれ最大)
最大出力:65W (USB-Cポート単独使用時の出力)
USB-C 2ポートを同時利用時、それぞれの出力は45Wと18Wになります。先に接続された機器は45W、後から接続された機器は18Wの出力配分がなされます。
重量:約 160g


楽天での購入はこちら
https://item.rakuten.co.jp/sunvalleybrandsjapan/rp-pc136/

 

スポンサードリンク