ミニ四駆で使うモーターの種類と特徴

ミニ四駆の売り場に行くと沢山の種類のモーターが売られていますが、明らかな初心者の親子連れが上級者用のモーターを購入するのを目にすることがあります。速いモーターを使えば速く走れると思う気持ちも理解できますが、できればチューンモータからミニ四駆の改造レベルに合わせてダッシュ系へとステップアップされることをオススメします。

モーターは店頭でも品切れになることも多々あるので少しまとめて買っておくと安心かもしれません。アマゾンで「ミニ四駆モーター」で検索すると両軸ダッシュ系モーターがいつもプレ値でアマゾン自体の販売は無くなったのかと思ったのですが、同じ商品が複数登録されていて見つかりにくくなっていたようです。一覧でリンクを貼っておきますが、品切れやプレ値になっている場合もあるのでご注意ください。

 

両軸用モーター(MS・MA)

MSフレキを使う人が多いことからマッハとハイパーが品薄になることがあるようです。ロットによって違いも大きいと言われます。

レブチューン2モーターPRO
回転数:13200~14900r/min、消費電流:1.5~1.8A、推奨負荷トルク:1.2~1.5mN・m
トルクは低めですが高回転の伸びがあるので小さめのタイヤがオススメ

トルクチューン2モーターPRO
回転数:12200~14400r/min、消費電流:1.7~2.0A、推奨負荷トルク:1.7~2.1mN・m
回転数よりもトルク重視でパワフルな走りが楽しめる扱いやすいモーター

アトミックチューン2モーターPRO
回転数:12300~14500r/min、消費電流:1.5~1.7A、推奨負荷トルク:1.6~1.8mN・m
トルクとライトの中間ですが両軸だと出番は少ないようです

ライトダッシュモーターPRO
回転数:14600~17800r/min、消費電流:1.5-2.2A、推奨負荷トルク:1.3-1.9mN・m
上手に慣らすとなかなかの走りでハイパーで速すぎる時に活躍します

ハイパーダッシュモーターPRO
回転数:17200~21200r/min、消費電流:1.6~3.0A、推奨負荷トルク:1.4~1.9mN・m
レースから一般走行まで活躍する機会が多いモーターです

マッハダッシュモーターPRO
回転数:20 000-24 500r/min、消費電流:2.6~3.5A、推奨負荷トルク:1.3-1.8mN・m
最近の高速レースで活躍するシーンが多いモーターで回転数の差が多い印象

 

 

片軸用モーター(VZ・FM-A・AR・VSなど)

片軸用モーターは、マッハの代わりにパワダとスプリントがあり選択肢が多くなっています。ウルトラやプラズマは大会で使えないことが多いので注意が必要です。

トルクチューン2モーター
回転数:12300~14700r/min、消費電流:1.7~2.0A、推奨負荷トルク:1.6~2.0mN・m
最初のステップアップで使いたい扱いやすいモーターです

アトミックチューン2モーター
回転数:12700~14900r/min、消費電流:1.8~2.2A、推奨負荷トルク:1.5~1.8mN・m
高回転型でフラットレースでも活躍します

ライトダッシュモーター
回転数:14600~17800r/min、消費電流:1.5~2.2A、推奨負荷トルク:1.3~1.9mN・m
アトミよりもさらに高い速度が期待できます

ハイパーダッシュ3モーター
回転数:17200-21200r/min、消費電流:1.6-3.0A、推奨負荷トルク1.4-1.9mN・m
方軸で出番の多いモーターで改造が進んだら活躍すると思います

パワーダッシュモーター
回転数:19900-23600r/min、消費電流:2.5-3.3A、推奨負荷トルク:1.5~2.0mN・m
パワフルな走りが期待できますが個体差が大きい印象です

スプリントダッシュモーター
回転数:20700-27200r/min、消費電流:2.8-3.8A、推奨負荷トルク:1.3~1.8mN・m
高速ロングコースで活躍が期待できる高回転型モーター

ウルトラダッシュモーター
回転数:24000-27500r/min、消費電流:4-5A、推奨負荷トルク:1.4~1.9mN・m

 

 

スポンサードリンク